レーザー脱毛のやり方

レーザー脱毛の仕組みとは?

脱毛の施術方法は色々とありますが、ここではレーザー脱毛の仕組みについてご紹介します。レーザー脱毛は単一波長の黒い色に反応する光を肌に照射して脱毛を行う方法です。この強い光を毛根に照射してダメージを与えます、毛根にダメージを受けた毛は1~2週間後に抜け落ちます。繰り返し脱毛を行っていくことでだんだんと毛が生えにくくなっていき、自己処理がいらなくなるぐらいになります。これがレーザー脱毛の仕組みとなります。レーザー脱毛の光はとても強いもので、肌へのダメージも大きなものです。なのでレーザー脱毛は厚生労働省から医療行為とされているため、医療美容を行っているクリニックで施術を受けることができます。施術を行うのも国家資格を持った医師か看護師と決まっています。

レーザー脱毛のメリットは?

レーザー脱毛のメリットをいくつかご紹介します。レーザーで照射する光の威力はとても強いものになります。なので高い脱毛効果があり、少ない回数で脱毛を完了することができます。少ない回数で脱毛を完了させたい方にはレーザー脱毛がオススメです。またレーザー脱毛は医療行為なので資格を持った医師か看護師が施術を行います。何か不安な点がある場合には、すぐに診察と必要な処置を受けることができるので安心です。何かしらの肌トラブルが起こってもエステサロンと違って、医師の診察と医薬品などの処方を行ってもらえます。脱毛後のアフターケアも医師や看護師からしっかり受けることができるので、脱毛に関して不安がある方にはレーザー脱毛がオススメです。

トップに戻る