フラッシュ脱毛のやり方

フラッシュ脱毛の施術方法

フラッシュ脱毛というのは、専用のフラッシュライトを脱毛したい部位に照射することで、毛根にダメージを与えて毛を薄くしていくというものです。このフラッシュライトは熱を帯びているので、その熱によって毛根を攻撃するのです。また、このライトはメラニン色素にのみ反応するので、肌にダメージを与えることはありませんし、痛みを伴うこともありません。せいぜい温かく感じるくらいです。施術を受けると毛が抜け落ちていきますが、1回受けるだけでは不十分で何回も施術を受ける必要があります。それというのも、毛には毛周期というものがあり、成長期、退行期、休止期というサイクルで生えてくるからです。施術をしたら成長期の毛は対処できますが、退行期と休止期の毛はまだ未処理なのです。

フラッシュ脱毛の種類によって少し違いがある

フラッシュ脱毛には種類があります。その種類によって施術内容に若干の差異が生じます。たとえば、IPL脱毛ならフラッシュライトの種類がキセノンランプです。たいていのエステサロンで用いられているライトです。どちらかというと濃い毛を脱毛するのに有効だとされています。また、SSC脱毛ならライトはクリプトンライトを使用します。剛毛であれ薄い毛であれ、どのような毛であっても対処できるものです。肌への負担がもっとも少ないタイプだともいわれています。それからSHR脱毛というものもあります。これは最先端のフラッシュ脱毛であり、脱毛したい部位の、特に発毛の指令を出すバルジ領域にライトを照射することで、発毛の発令自体を防止して脱毛するというものです。そのため、毛周期関係なく高い脱毛効果を期待できます。

トップに戻る